資料請求・お問合せ 079-562-2667
メールでのお問合せ

理事長所信

日進月歩 〜新しい半世紀への始動!自己変革をもたらし未来への灯を!〜

はじめに

一般社団法人三田青年会議所は明るい豊かな社会の実現を理想に掲げ、熱い志をもった先輩諸氏により1968年10月13日に三田地域においての青年会議所として、全国で393番目に創立されました。偉大な先人たちが、時代とともに変化する社会課題に対して真摯に向き合い運動を展開することで、昨年は創立50周年という大きな節目を迎えることができました。また、三田青年会議所の歴史上で初めて主管した第51回ブロック大会三田大会を始めとする大きな事業においては、多くの方からの熱いご支援、ご協力の下で盛大に開催させていただきました。このような大きな事業を責任と覚悟をもって成し遂げる経験をしたメンバーは、まちづくり運動に対し、自信をもって様々な挑戦をする気概が飛躍的に高まりました。そして、次の半世紀の初年度となる51年目を私たちは、これからの時代に必要とされる運動を展開するために、改めて自らの存在意義を見つめ直し、これまで培った自信を原動力として、明るく楽しく挑戦して参ります。

まちの課題解決に向けてチーム三田の懸け橋となる

三田市は1958年に32,673人で市制を施行しました。その後、北摂ニュータウン開発に伴い、全国でも稀に見る人口急増期を迎え、1987年から10年連続で人口増加率が全国一位を記録した輝かしい歴史があります。しかし、その反面で今後は急速に少子化を伴う高齢化を迎えるまちになっていきます。そのような中、三田市行政においても、三田市人口ビジョンをとりまとめ、人口予測を行うとともに、人口減少に対応する5カ年の施策をまとめた「三田市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定し「チーム三田」として、市民の方々をはじめ、産官学金労言など多分野の方々とスクラムを組んで「日本一住みたいまち三田」を目指しております。しかしながら、近年の三田市における選挙投票率の推移を見ても、市民の方々のまちづくりへの参加意識が高いとは言えません。まちの課題解決には、一人ひとりのまちづくり参画への当事者意識を高め、より多種多様な方々と連携し、特長を活かし知恵を出し合いながら、考え行動していく必要があります。人々のまちづくり参画への意識が高まる機会を提供し、今後の課題を解決するチームの懸け橋となり、未来に向けて魅力ある地域の創造につなげて参ります。

過去と現在をつなぎ、未来をつくる

私たちが理想に掲げる「明るい豊かな社会の実現」のためには、多様化する地域課題に向き合い、適切な判断と行動で課題解決を行う必要があります。それらを実行していく上で、私たち三田青年会議所のメンバーが持ち得る知識や経験だけではなく、今日までを築いてこられた偉大な先人の知恵をしっかり引き継ぐとともに、多くの方のご協力をいただくことが必須であると考えます。そのために、不断の努力で三田青年会議所の創立から50年間の歴史を築いてこられた、敬愛する先輩諸氏や、関係諸団体、行政関係者の方々と共に協力し、この地域をより良い発展につなげるための連携体制を築いて参ります。まずは、事業を通じ私たちの方向性や想いを知っていただくことでより運動の理解につなげ、私たちも相手をより知り理解することで、お互いの共感を育みます。さらに、感謝と敬意の心をもって、最大限のおもてなしができる機会をつくることで、過去と現在をより強固につなぎ、未来への関係構築をすることで「明るい豊かな社会の実現」に向けて邁進して参ります。

会員の資質向上

青年会議所の会員は「奉仕・修練・友情」の三信条の下、自らが率先して行動し、周りの環境やこの地域を少しでも良くしていくための活動を行っています。そのような使命をもった私たちは、自己を変革し、様々な成長の機会に対して果敢に挑戦し、資質を向上させることで、周囲にポジティブな影響を与えることができるリーダーシップを発揮する必要があります。青年会議所には、事業を通じて多様な役職経験や多くの人との関わりなど、自己を成長に導く多くの機会があります。さらに、青年会議所が世界的な組織であることから、志を高く持ち成長の機会を求めることで三田市を越え、兵庫県や近畿地方全域、日本や世界を舞台に活動を行うことが可能です。私たち三田青年会議所メンバーは、多種多様な機会に対して積極的に挑戦し、多くの学びを得ることで、自己成長をもって、リーダーシップを発揮して参ります。

防災・減災への取り組み

私たちの暮らすこの日本は、自然の猛威に晒される危険性の高い国です。近年では地震、台風、水害、土砂災害、猛暑など多くの自然災害が発生しています。また、その災害規模は想定を大きく超え、各地に甚大な被害をもたらしています。私たちは自然の恵みにより生かされていますが、一方ではその自然によって今までの当たり前の生活が脅かされる原因になっています。この地域においても、今後どのような災害が起こるか予測することは難しく、防災や減災意識を高めていくことが、必要不可欠です。全ての自然災害を無くすことはできませんが、非常時を想定して準備することで被害を最小限に留めることはできます。いつ何時どんな自然災害に直面するか分からないという危機意識を醸成するとともに、有事の際に適切な行動を選択できるようになるための減災事業を実施します。その中で、自分の身は自分で守る「自助」、共に助け合う「共助」の精神を育み、防災力・減災力の強化に努めて参ります。

未来を担う子宝について

いつの時代も子供たちは地域の宝であり、次代の担い手です。これから急速なスピードで迎える高齢化や少子化により、私たちも想像することが難しい環境変化の中で、子供たちの健やかな成長や、地域のさらなる発展に向けて、どのような取り組みが必要でしょうか。まずは、目まぐるしく変化する時代に適応し、力強く生きていくために、子供から青年として成長する過程の中で、自らの意志で将来の進むべき道を考え選択し、どんな困難な状況があろうとも問題を解決する力が必要だと考えます。また、今を生きる子供たちが、未来を担う青年期を迎えた時までに、縁あって生活しているこの地域のために、何か力になりたいと思えるような郷土愛の醸成が必要だと考えます。

そこで、私たちは未来を担う子宝に対して、現在の自分より、少し背伸びをしなければ達成することができない、挑戦の場をつくることで、子供たちが自ら考え問題を解決する力を養います。また、いつまでも記憶に残るような、深い感動と思い出をつくる事業を実施し、この地域に対して誇りや愛情を育み、郷土愛を醸成します。未来を担う子宝が、この地域の発展のために活躍する青年へと成長していく土壌づくりをして参ります。

運動の原点である会員拡大について

青年会議所の大きな特徴の一つは、全ての会員が等しく40歳で必ず卒業をしなければいけないということです。これは青年会議所が、青年の真摯な情熱を結集し社会貢献することを目的に組織された青年のための団体だからです。しかしながらその性質上、会員拡大といわれる同志を募る活動を怠ることで会員は毎年減少し、組織は活力を失うとともに衰退から消滅までの危険を孕んでいます。よって、常に健全な新陳代謝が行われ、若々しく活力あふれる、地域に必要な団体として存続するためには、私たちとともに運動を加速させる会員拡大を運動の原点と捉え、全員で推し進めていく必要があります。そのためには、組織として全員で会員拡大ができる持続的な仕組みをつくるとともに、まだ見ぬ同志との出会いを創出し、青年会議所の魅力を会員一人ひとりが自らの言動をもって伝えることが必要と考えます。私たちは色々な動機の基で青年会議所に入会しましたが、多岐にわたる事業や単年度ごとの多様な役職経験、メンバーや関わり合いのあった多くの方々との出会いを通じ、少しずつ自己変革がもたらされ、青年会議所に入会した価値を感じているはずです。今こそ私たちは、会員拡大の必要性を改めて問い直し、これまで得た価値を最大限表現しながら、情熱をもって、同志たちを共感の渦に巻き込み、会員を増やして参ります。そして、多くの同志とともに、世のため、人のため、身近なことから地域のこと、ひいては国や世界のことを考え行動する人財を輩出する基盤を全員で創り上げて参りましょう。

運動発信を通じて青年会議所のファンを創ろう

私たちの運動は何のために行っているのでしょうか。身近な存在が幸せになってほしい、今ある問題を少しでも改善、解決したい、これからの未来に対してできることをしたい、メンバーの誰もがもっている利他の精神が、青年会議所の活動へと奮い立たせているはずです。そして、私たちの確固たる想いを運動として伝播していくためには、より多くの方の協力が必要です。そのためには、私たちの活動をまずは知っていただき、さらに共感をもっていただくことで運動に巻き込み、一人ひとりが青年会議所のファンになってもらうことが必要です。しかし、私たちの耳に届く三田青年会議所の認知度は決して高いとはいえず、私たちの運動が届いているのはメンバーや限られた範囲の方のみに留まっていると感じます。情報が溢れ、環境の移り変わるスピードが速い時代ではありますが、潜在的には、運動を周知し共感からファンにつなげることのできる方が、まだ多くいると考えます。過去の広報手段を検証し、時代に即した効果的な広報を凡事徹底することで、質と量を兼ね備えた広報活動につなげ、三田青年会議所のファンを増やして参ります。

むすびに

私は2013年5月に三田青年会議所の門を叩きました。当時は青年会議所がどんな活動をしていて、どんな人が所属しているかも知らない本当に一からのスタートでした。入会当初は、分からないことだらけの環境の中で、社業や家庭、地域での役割など、全うするべき担いと並行しての青年会議所活動に抵抗がありました。最初の活動は、入会時に義務付けられている、例会だけは参加しようから始まり、次は例会を創っている委員会に顔を出してみよう。そんな、目の前のことに少しずつ取り組んでいるうちに、このような人になりたいと強烈な憧れを抱かせてくれたかっこいい先輩たち、同世代でこのようなすごい人がいると教えてくれた仲間たち、若くして自分のためだけではない活動に純粋に取り組む、私より年下のメンバー、多くの人との出会いの中で感化され、気づけば青年会議所の活動に多くの時間を割き、結果としてこれからの地域について考え行動するべきと自覚するようになりました。周りの人や地域など何かを変えるときには、まず自分が変わる必要があります。自分の意志で責任をもって、成長する機会の宝庫である青年会議所活動を選択することで、自己変革がもたらされます。好影響を与えてくれる仲間とともに、40歳までの限られた時間を全力で取り組み、未来を明るく照らして参りましょう。



「三田青年会議所」って何をしてるの?

青年会議所の基本活動である例会と委員会レクリエーション活動についてご紹介します。

活動内容紹介

活動報告

「三田青年会議所」ってどんなところ?

当たり前のことを当たり前に行おう 挑戦し、限界からあと一歩進もう同志を増やそう

JCについて

体験をご紹介

入会メンバーの素直な意見をご紹介します。

入会者の声を見る

青年会議所に関する疑問を解消

Q&A

入会するメリット

「三田青年会議所」に入会したい!!

入会方法・入会手続きなど入会までの流れをわかりやすく説明します。

入会案内を見る

入会申込みをする

| HOME | 三田JCってどんなところ? | 理事長の所信 | 本年度の概要 | 組織図 | 基本活動 | 活動報告

| メンバー紹介 | 歴代理事長 | OBメンバー紹介 | 入会するメリット | 入会案内 | 入会者の声 | 女性会員募集 | Q&A | リンク | お問合せ

社団法人三田青年会議所

兵庫県三田市天神1−5−33 三田市商工会館209号

TEL:079−562−2667 FAX:079−559−0859

copyright 2009 社団法人三田青年会議所 .All Rights Reserved.